今人気の『バーチャルオフィス』!でも、トラブルを抱える人が続出!

現在、SOHOや個人事業主に大人気な『バーチャルオフィス』。
初期費用をあまりかけずに事務所の住所や電話番号がもてると、起業家に大変人気があります。
自宅事務所の場合、何かと事業所を書く機会があると思いますが、自宅の住所や電話番号を書くことに抵抗を感じている人もいると思います。
こうした時に、『自宅ではなく、公表できる事務所の住所があればな〜』と思う人は多いと思います。
長く自宅事務所を利用していると、どうしても不便が生じてきます。
そんな時に、頼りになるのがバーチャルオフィスです。

料金も格安の所なら月4000円台から、都内の一等地では60000円位まであります。
実際に事務所を借りようと思ったら、絶対にこの金額では借りられません。
この低価格こそが、バーチャルオフィスの最大の魅力です。

しかし、『実体のない事務所』は、利用者によっては、トラブルも多く発生しています。
自分一人の会社で、会社も大きくすることなく、バーチャルオフィスを公表用と割り切って使う場合には、あまり問題がありません。
しかし、『融資』や『法人口座』などを利用しようと思う場合は、バーチャルオフィスの場合、トラブルが非常に多くなります。
バーチャルオフィスは、あくまで『仮初めの事務所』です。
バーチャルオフィスを使って本格的な事業や融資を求めるのは、現在の段階では難しいと言われています。
バーチャルオフィスは人を選びますので、気軽に手を出して、「こんはなはずじゃなかった!」と後悔しないようにしましょう。

株式会社ベルーガアジア(belega asia)の投資日記「バーチャルオフィスのトラブル大辞典」

初期費用をあまりかけずに事務所の住所や電話番号がもてるバーチャルオフィス。そんなバーチャルオフィスのメリット・デメリットを紹介。